読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Viva☆シングル出産!

自分のシアワセ自分で決めろ~未婚ママでもガッツリ稼ぐ‼

結婚は悪いことじゃないよ。でもイイコトでもないよ。

結婚は悪いことじゃないよ。でもイイコトでもないよ。

夢を壊すわけじゃないけど、すべての物事に「良い」「悪い」がないように、結婚するってことも別に良くも悪くもないんだわ。

「人と一緒にいるってことの幸せ、豊かさ」の裏側には当然、「24時間べったりの鬱陶しさ、煩わしさ」がくっついてくる。

全部ひっくるめて、ざっくりまとめて「豊かさ」だ!と考えることもできる。

要は、都合のいいとこだけ取ろうとしないで、「鬱陶しさ」「煩わしさ」の部分も引き受ける覚悟があなたにあるのかってことだ。

 

こういうことって、「お金」っていうテーマでも同じだよね。

「お金はほしい。でもお客さんに頼られるのがうざい。コミュニケーションメンドクサイ」とか、ないでしょ?

お金以外のいろんなものも、入ってくるでしょ。

 

結婚も、二人の関係以外の、実にさまざまなものを招き入れることになるよ。

だから、ほんとに好きな人としか、結婚しちゃいかんよ。

 

よくよく自分と向き合って決めたか?

私は、以前に結婚したときはまだ25才で、ほんとに未熟だったと思う。

本当に「自分が」好きな男なのか?

親や親戚のウケで選んでないか?

そうやって自分の内面と向き合うことをしなかった。今思うとそれがすべての失敗だったんだな。

結婚を決断する時に、向き合う相手は男じゃないんだよ。自分自身なんだよ!

それを怠ると、知らず知らずのうちに我慢が重なって

「あれ、こんなはずでは…」状態。

強制終了になる。

その人といることが、「気持ちいい」ライフスタイルですか?

私は、彼氏はわりと切れないタイプなんですけど、24時間特定の人と生活をともにするのがすごく苦手なんです。

だから「ず~っと一緒」タイプの男は超苦手だった。

結婚して同居が始まると(結婚しても同居しない手もあるけど笑)一人の時間は確実に減る。

努力してひとりの時間を確保する必要がある。

 

今回妊娠がわかったときに、「結婚という枠組みを採用しないでみよう」と思ったのは、そういう理由が大きい。

結婚という仕組みを私たちに導入すると

たぶんシステム(=結婚)に、ココロがついていかない。

逆にココロがついていけるように、システムをカスタマイズできそうなら、結婚するのかもしれない。それはわからない。

 

人それぞれだから、何を選んでも自由だ。

結局は、自分の内面にしか答えはない。

ただ絶対に、「普通はこうだから」「親がこう言ってたから」「友達の視線が気になるから」とか

他人基準で決めることは金輪際ない。

 

今日は着付けの練習~

f:id:umn11619:20170103205340j:plain

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村