Viva☆シングル出産!

自分のシアワセ自分で決めろ~未婚ママでもガッツリ稼ぐ‼

家族の息苦しさ

モスで見たある家族の光景

近所によく行くモスバーガーがある。

お客さんは家族連れが多い。

父親、母親、中3くらいの娘が入ってきて、注文して席についた。娘は終始不機嫌で、父親に話しかけられても口をきかない。母親もあえて助け船を出さない。

遠巻きにしてたから、なんで揉めてるのか私にはわからない。

だけどその家族を見てるうちに、すごく懐かしい感情が、ふっと浮かんだ。

それは休日とかに家族とでかけて、出先で親とケンカして、気まずい気分。「親はなんで分かってくれないんだろー」っていうちょっと甘えを含んだ気分。

 

家族が息苦しかった理由。

私は子供のころから、家族が息苦しかった。

 一緒にいると、ほんとうに疲れちゃう。

こどもだったから、苦手なら別に離れていいんだってこともきづかないでいた。

なんだかいつも親に気を使っていたし、姉を怒らせないように気を付けてたし、弟にも優しくしなきゃと思ってた。

 

今考えるとそれはおかしくて、家族にしてみたらそんなに勝手に気を使われる意味がわからないはずだ。

 

だけど私は思い込んでた。気を使わなきゃいけないし、みんなも自分と同じくらい気を使ってるはずだと。ほんと馬鹿だった笑

 

ジャッジしまくってたわたし。

結局、なんでそんなに息苦しい生活をしてたのかっていうおおもとの原因は、やっぱり私がジャッジしまくってたからだと思う。

「こういうのは良くない」

「母親の期待に応えないのはよくない」

「母親の嫌がることをするのはダメ」

「兄弟をいじめるのはよくない」

だから自分にも勝手にその矛先を向けてただけ。こうあるべきって思い込んでただけ。

 

実は何でもいいはずだ。

いい、悪いはないし、何でもあり。

「嫌い!」と思ったらぶちキレてもいい。

子供はのびのびが一番だよねー

 

f:id:umn11619:20170106115317j:image
 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村