Viva☆シングル出産!

自分のシアワセ自分で決めろ~未婚ママでもガッツリ稼ぐ‼

「姑に~~って言われた」

「~された」「~って言われた」

いやそれ、「言われた」っていうか「言わせた」んだよ。あなたが。

あなたがいつも思ってることを、姑さんが言ってくれただけだよ。

世界ってそういう作りになってるんだよ。

 

姑さんだけじゃないよ。

旦那も、同僚も、全員あなたが作ってるんだよ。あなたがあなた自身と向き合えてないから、あなたが不本意と感じることを言ってくるんだよ。

 

被害者意識って楽だよね

「~~って言われた!」と憤って、心のなかにモヤモヤしたものが溜まるとき、実は私たちはそのモヤモヤに寄りかかっている。

誰かのせいにして、寄りかかっていたいんだよね。

なぜかというと、そのほうがラクだから。本当の問題に直面しなくてすむから。

 

例えば育児に関して姑になにか言われたとして、イラッときたのはなぜですか?

言われたことじたいは問題じゃないはずだ。スルーしていい。だいたい、大昔の育児の知識なんていまは覆されてることが多くて、迷信的なものが多いですよね。

 

ただ私たち自身が、ママとしての自分を裁く視点を持っていると、姑も私たちを裁いてきます。これは必ずそうです。法則です。

私たちが、なにかの理由で、「こどもはこうやって育てるべき」という強固な物語を作っている。

そしてこの「なにかの理由」に向き合うのが、辛いことだったりする。だからその部分を見ないようにする(感じないようにする)ために、表面上他人のせいにしてるってことだよ。